私の夏バテ予防法(炭酸)

健康2020年8月8日

暑いですね〜の一言が挨拶のようになっていますが、みなさんお変わりありませんか?
暑いとは言ってもお盆も過ぎ、夏も折り返し地点になろうとしてます。ですが、今年は残暑が厳しいようなので頑張って乗り切りましょう!

この時期、海に山にと日差しをガンガン浴びてお肌も体もお疲れモードになっていませんか?私もこの時期は大好きなサーフィンにあけくれ、気がつくと真っ黒になっている始末・・・そんな時、私は【炭酸】で夏の疲れを解消しています!

どのように【炭酸】を取り入れているかというと、【炭酸風呂】と【炭酸水】で体の中から外から取り入れています。
炭酸の成分には、疲労物質を外へ排出する作用・古い角質や脂質を取り除く作用・代謝をあげる作用などがあり、健康になりながら綺麗になれちゃう優れものなんです。

写真:この泡が綺麗にしてくれます
画像(1)この泡が綺麗にしてくれます

【炭酸風呂】とは炭酸ガスを含んだお湯のことで浸かると体の表面にたくさんの気泡がつき、まるでソーダ水の中に入っているようです。
炭酸ガスは高温だとガスが抜けてしまうので、37〜38度位のややぬるめのお湯にゆっくりと浸かります。
このとき皮膚を通して血管に炭酸ガスが入り、血管内が酸欠状態になります。これは走っているときと同じ状態で、たくさんの酸素を取り込もうとするので血流が良くなる→代謝が上がる→疲労回復に繋がるというわけです。肌表面の古い角質や皮脂あぶらなども取り除く効果があるので上がった後は体はポカポカ肌はツルツルになります。

入浴施設でも【炭酸風呂】があるところも増えましたが、自宅で炭酸入浴剤を使って手軽に楽しむ事も出来ます。お風呂にゆっくり浸かれない時には、ボディソープや洗顔料を【炭酸水】で泡立て洗い【炭酸水】で洗い流すとさっぱりして気持ちが良いですよ(個人差があります)こうやって私は、皮が剥けることなく夏を乗り切れそうです。

ヨーロッパでは治療の一環としても【炭酸】が利用されているようです。
皆さんも【炭酸】を取り入れて、夏の疲れをためないようにしてみませんか?


(小原)

画像(1):この泡が綺麗にしてくれます
※画像撮影者/笹井
写真:この泡が綺麗にしてくれます

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。