私の夏バテ予防法(らっきょう)

健康2019年12月6日

処暑も過ぎ、夏も終わりに近づいておりますが、皆様は夏バテせずに今年の夏を越せそうですか?まだまだ厳しい暑さも続いておりますので、油断は大敵です。今回は私、阿部の夏バテ予防法をご紹介します。
夏バテ予防食材としてご存知の方も多いかもしれませんが、ズバリ「らっきょう」です。

写真:夏バテ予防に最適!!
画像(1)夏バテ予防に最適!!

らっきょうはもともと薬用として日本に入ってきて、江戸時代から食用として食べられるようになったそうです。らっきょうといえば、たまねぎやにんにくに似たクセのある独特なにおいがあり、好き嫌いも分かれる食材だと思います。が、らっきょうの薬効を侮るなかれ、胃痙攣、下痢、夜尿症、痔、肩凝り、腰痛、冷え性、不眠症、高血圧症、動脈硬化症、神経痛、感冒、生理痛などに効能があると言われており、生食すると寝汗に効くとか、卸し汁は鼻血、切傷、虫刺されによいなど、たくさんの効能があります。
夏バテに関連するところで言うと、疲労回復の効果が期待できます。
らっきょう独特の香りの正体は、「硫化アリル」という成分です。この硫化アリルは、ビタミンB1の吸収を助け、その働きを効果的に持続させてくれます。そしてビタミンB1はというと、糖質を分解し、エネルギーを生み出してくれます。また、ビタミンB1が不足すると、血液が酸化し、代謝が悪くなってしまいます。つまり、らっきょうが、エネルギーを生み出し効果的に持続させるのを助け、疲労回復につながるわけです。
ほかにも、血液中の血栓を取り除いてくれる作用もあります。夏にはどろどろになりやすい血液もらっきょうを食べることにより、血液をサラサラにしてくれる効果が期待できます。

私はらっきょうが好きなので、ついつい食べ過ぎてしまいますが、1日に2〜3粒も食べれば十分なようです。
夏もあと少し。適度な運動と、適度な休養、そして適度ならっきょう、是非お試しください。


(阿部)

画像(1):夏バテ予防に最適!!
※画像撮影者/阿部
写真:夏バテ予防に最適!!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。