取水制限

健康2016年6月16日

関東はこの前梅雨に入ったばかりなのに沖縄ではもうすぐ梅雨明けとの予報が出ていますね。

梅雨のはずの関東ですが、雨量が少なく【取水制限】が発令されました。テレビのニュースでダムの水位が少くなっているのを見ましたが、結構水が少なかったです。
まだ子どもだったので記憶にはありませんが、20年程前も雨量が少なく、お米が不作ということがありましたね。
こればかりは自然のことなので、わたし達はどうすることもできませんが、唯一できることがあることに気が付きました。

写真:バケツの水
画像(1)バケツの水

それは【節水】です。節水をすれば少しでも使う量が減れば取水制限のレベルも上がらないようにできるかもしれません。
わたしが行っている節水と貯水方法はまず、こまめに水を停める、お風呂に入る時はシャワーの水がお湯になるまで5秒程度バケツに水を貯める。貯めた水は洗濯や雑巾洗いに使います。湯船の残り湯を洗濯に使ったりもします。
水を使う量を減らせば取水制限のためにもなりますし、水道代も少しだけ抑えることができます。また、湯船の水をバケツで組む場合は腕の筋トレにもなります。※腰が痛くなりやすい人は注意してください。
是非、ご家庭でも節水を行なってみてください。


(関根)

画像(1):バケツの水
※画像撮影者/関根
写真:バケツの水

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。