水の特性〜水温編〜

健康2021年4月1日

こんにちは。オアシス川口店の山本です。
4月に入り新年度、新学期の始まりですね!
色々始めるのにも丁度良いタイミングなのではないかなーと思います。
ぜひ、今回のブログシリーズを見て、「プール(水)って面白いな」って思っていただけたら嬉しいです☆

以前『プールのすすめ』というブログで書かせていただきました【水の特性】についてもっと深掘りしていこうと思います。

今回は【水温】がテーマです。
身体にどのような効果があるのか少し解説していきます!!

川口店のプールの水温はみなさん気にされたことありますか?

写真:
画像(1)

だいたい30〜31℃の近辺を安定的にキープしています。
この温度は、アクアビクスやエクササイズに適している温度なんです!
身体を体温よりも低い水の中で動かすことによって、身体が自分で温まろうと体脂肪を燃やしやすい状態になってくれます!

さらに!!!
交感神経を優位にさせる温度になりますので、リラクセーションやトレーニングの後のクールダウンにも最適な温度とも言えます!

リラクセーションでいえばお風呂の40〜41℃もリラクセーションにばっちりです!

水温で注意しないといけない事もあります。
どれも『入り過ぎ』には注意しましょう。
水の中は空気中よりも熱伝導がよく身体に熱を伝えやすい状態です。

プールに長く入って身体を動かさないでいると体温が奪われてしまい寒くなってしまいます。
その為、プールに入る際はしっかりと身体を動かしましょう!

お風呂も一緒です。暖かいお風呂は気持ちよくてずっと入っていたくなりますよね。
お風呂に長く入りすぎてしまうと、のぼせてしまう可能性もありますのでご注意ください。

色々長く書かせていただきましたが、水温による身体への影響はとても大きく、メリットとデメリットが存在します。
上手く水温と付き合っていきましょう!

今回のブログを通して、みなさんがプールに対して興味を持っていただけたら幸いです☆

次回!【水圧】特集します。

『プール面白そうだな』『泳げないからちゃんと教わりたい』と思っていただけたらこちらをチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.sportsoasis.co.jp/sh52/pgm/personal/a-training.html


(山本)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。