ストレッチエリアの活用法

フィットネス・エクササイズ2010年7月4日

皆さんはフィットネスエリアをご利用になる際に、ストレッチエリアを有効に使えていらっしゃいますか?

ストレッチエリアはストレッチが行えるだけではなく自重トレーニングやダンベル、ストレッチポール、バランスディスクといった道具もご自由に使用して頂けるエリアです。そこで、今回バランスボールについて少し紹介させて頂きます。

ボールの上では不安定さがでてきますので、体を安定させるためにバランスをコントロールして体の深部(コア)を意識して鍛えることもできますし、トレーニングとしてだけではなくボールの弾力を利用して必要な部位を徐々にストレッチしていくことも可能です。

ボールの使い方は様々ですので、まずはボールを使ったレッスンに参加して頂いたり、興味のある方はパーソナルトレーナーやフィットネススタッフにお声掛けください。

ストレッチエリアでボールを取り入れてストレッチやトレーニングのバリエーションを増やしてみてはいかがでしょうか?


(小林)

画像(1):新宿店のストレッチスペースです。
※画像撮影者/小林
写真:新宿店のストレッチスペースです。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。