体幹のバランス

フィットネス・エクササイズ2020年10月28日

普段 運動やトレーニングを行っているのに、腰痛や肩こりなど、なぜ痛みが出るのかと不思議に思われていると方が思いますが、実は筋肉のバランスの悪さから出ている人が少なくありません。

まず、人の身体は腹筋・背筋のように対になる筋肉があります。このバランスが、どちらか一方の筋肉を使い続けることで必要以上に筋肉が発達し、対になっている筋肉のバランスが崩れ、その結果として体の土台となる骨盤の歪みを起こし、腰痛や肩こりの原因につながることになります。

太腿の裏の筋肉が硬くなれば、骨盤が後ろに引っ張られて後傾し、胸椎(胸の位置にある背骨)が後ろに曲がって猫背姿勢になります。その結果、肩が前に入り肩こりの原因となります。

腹筋が弱くなり足の付け根の筋肉が硬くなると、腹部が前に押し出され骨盤が前傾し、いわゆる『そり腰』になります。腰椎(腰の位置にある背骨)のカーブがきつくなる分、腰への負担が大きくなり、腰痛の原因になります。普段、腰痛や肩こりなどで困っている方は、筋肉のバランスを考えてトレーニングすることが大切ですね。


(高寺)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。