肩について

フィットネス・エクササイズ2020年10月28日

上半身のトレーニングをしている時、肩に痛みや違和感を感じたことありませんか?
上半身の大きな筋肉、大胸筋と広背筋は共に上腕骨の前面に付いていてトレーニングで発達すると、上腕骨が内旋して肩甲骨が外に開き、猫背になりやすくなります。その状態で腕を動かすと、骨と骨がぶつかったり、骨と骨の間に腱が挟まって痛みや違和感を感じることがあります。

改善策は、胸、背中のストレッチをしっかり行うこと。上腕骨を外旋させる棘下筋、小円筋のトレーニングを行うことなどがあげられます。また予防策としては、胸、背中のトレーニング(チェストプレス、ラットプルダウンなど)を行う時は、胸を張って体をまっすぐにすること。日常生活でもお腹、腰を締めていい姿勢を心がけることが大切です。
肩にトラブルがあるとやれないトレーニングが多いのでストレスがたまりやすいです。日頃のケアで気持ち良くトレーニングをしましょう!


(松岡)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。