怪我防止の為の体幹トレーニング

フィットネス・エクササイズ2020年10月21日

皆さんは「グランドホッケー」というスポーツを知っていますか?
私は大学のグランドホッケー部に所属しています。アイスホッケーの人工芝版のようなもので、ルールはサッカーに似ています。スティックを持って中腰で走りながらプレーをする為、足腰に負担がかかり、体幹を保持する筋肉が不足すると怪我に繋がる恐れがあります。このような競技特性の為、怪我防止の体幹トレーニングは欠かせません。今回は私が普段実践している体幹トレーニング法を1つ紹介します。

まず、うつ伏せの状態で両肘とつま先で体を支えます。背中が弓なりになってしまったり、お尻が下がらないようにしっかりと腹部、臀部に力を入れてその姿勢を10秒〜20秒キープしましょう。この方法だとキツイ!という方は、最初はつま先ではなく両膝で身体を支えましょう。

皆さんも体幹を鍛えて姿勢美人を目指しましょう!


(平塚)

画像(1):この姿勢をキープしましょう。
※画像撮影者/平塚
写真:この姿勢をキープしましょう。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。