猫背の影響

フィットネス・エクササイズ2020年10月22日

連日のように寒い日が続いていますが、皆さんは体調を崩したりしていないでしょうか?こう寒いと、どうしても体が縮こまってしまいがちです。普段から「自分は少し猫背気味かも?」と思っている方はもちろんのこと、そうでない方も、知らず知らずのうちに首をすぼめたり、背中を丸めて歩いている自分に気付くことも多いかと思います。
猫背は、単純に見た目やスタイルが悪く見える、というだけではなく、胸郭が下がることで、横隔膜の機能が低下し、呼吸機能の低下を引き起こすこともあるってご存知でしたか?
つまり、毎日あんなに頑張って続けていた有酸素運動も、猫背のせいで、知らないうちにその効果が半減してしまっている・・・なんて可能性もあるんです。

猫背や肩が前に出やすい方の多くは、背中や肩甲骨まわりの筋力が弱いことが考えられます。ですが、ローイングやラットプルダウンのトレーニングはしっかりやってるつもりというお客様には、フォームや体のクセが効果を出づらくしている可能性もあるかもしれません。
新宿店ではカラダバランスナビという姿勢分析プログラムを実施しており、多くのお客様がカラダの歪みをチェックされていますが、やはり人それぞれに改善方法は違うようです。姿勢の改善を考えている方はまずは一度ご自身の体のクセをチェックしてみることから始めてはいかがでしょうか?


(原田)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。