胸を鍛えよう!

フィットネス・エクササイズ2020年10月21日

こんにちは。海の日も過ぎ去り、いよいよ夏がやってきます。
夏までに胸筋をつけたい方の為に、お勧めの胸筋のトレーニング方法を今回は紹介します。

今回使うマシンはペクトラルフライです。
ペクトラルフライでは主に大胸筋を鍛えていきます。
ペクトラルフライを使っていくのですが、負荷を大きくするよりも、動かす範囲のほうを今回は意識していきます。そのために動かす範囲なのですが、A,B,C,D,EのなかでEの範囲を使っていきます。より範囲を大きくしたい方は背中に一枚シートを足してみるのもお勧めです。
両腕を閉じていくのですが、この時に肘が上がりすぎてしまうと大胸筋に効いてこなくなってしまうので、肘があまり高く上がりすぎない様に注意しましょう。

ペクトラルフライで負荷ではなく、動かす範囲を特に意識してほしいのには理由があります。チェストプレスで常に負荷をかけているだけより、ペクトラルフライもとりいれて、動かす範囲を大きくすることで柔軟性を高めることが出来ます。柔軟性を高めた状態でチェストプレスも行なっていくほうが、より筋肉の増強に効果的です。

胸のトレーニングはしているのにあまり大きくならない方は、ぜひペクトラルフライも取り入れて、柔軟性の方も意識してみて下さい。


(豊泉)

画像(1):トレーニング様子
※画像撮影者/豊泉
写真:トレーニング様子

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。