ストレッチとトレーニングの関係

フィットネス・エクササイズ2016年9月11日

こんにちは。フィットネススタッフの豊泉です。残暑が残る時期ですが、皆様はどうお過ごしですか。私は、夏で落ちてしまった体重を戻すためにトレーニングに励んでいます。トレーニングをしていく中で、ストレッチをすることの重要性を再確認したため、皆様にも還元していきたいと思います。

ストレッチをすることで柔軟性が上がり、間接可動域が広がります。間接可動域が広がることで、今まで使えてなかった部分の筋肉もトレーニングで刺激を与えることができ、肥大させることができます。トレーニングをする際には、鍛える部分を伸ばすことができるストレッチ種目を普段のトレーニングに加えて行ってみてください。

他にもストレッチをすることで血行が良くなり、冷え症やむくみの改善に繋がります。特に股関節周りにはリンパ管がたくさん繋がっているので、股関節のストレッチを行って下さい。

次回は一人で行える静的ストレッチをいくつか紹介します。
ストレッチをしたい方、気になる方はスタッフに聞きに来てください。


(豊泉)

画像(1):太もも前のストレッチ
画像(2):股関節のストレッチ
※画像撮影者/豊泉
写真:太もも前のストレッチ 写真:股関節のストレッチ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。