肩こり解消への道5

フィットネス・エクササイズ2020年10月25日

こんにちは!フロントスタッフの田永です。今回は肩こり解消の静的ストレッチを紹介します。

今回紹介するのは、首の後ろの付け根の筋肉である「僧帽筋中部・下部」をストレッチさせる方法です。これらの筋肉を伸ばしてあげると、肩や腕の動きを滑らかになりますのでぜひお試しください。

やり方は以下の通りです。
・足を肩幅より少し広めに開いて、椅子に座る。

・腕を膝に乗せる。

写真:
画像(1)

・胸を張りながら、片方の肩を前に押し出す。
写真:
画像(2)

・反対の肩も同じ動作を繰り返す。

ポイントは肘を伸ばしながら、肩を前に押し出すことです。肘を曲げてしまいますと僧帽筋中部・下部がしっかり伸びません。

写真:
画像(3)

タイミングは運動後や入浴後がおすすめです。身体が温まっている時にするとより効果が高まります。

ストレッチする時間は15〜20秒がおすすめです。


(田永)
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。