筋トレのコツ

フィットネス・エクササイズ2020年10月25日

こんにちは、ブログ担当の中村です。5月なのに真夏日!!今日はとことん暑いですねー。熱中症対策が必要ですね!今日は【筋トレのコツ】について書いていこうと思います。

あなたは「筋肉が動く仕組み」についてご存知ですか?まず、筋肉は筋繊維という繊維の集まりで出来ています。筋繊維が縮まることで力を発揮するようになります。そしてその筋繊維は骨についており、関節を介して骨を動かし様々な動作が出来るようになっています。

そして、筋肉(筋繊維)は骨から骨についており、それぞれを起始(きし)と停止(ていし)と呼びます。起始部と停止部の距離が縮まる事で力を発揮します。つまり、鍛えたい筋肉の起始部と停止部を理解した上でトレーニングを行うことで効率良く筋肉を鍛えることができるのです!さらに起始部と停止部の距離が遠いところから縮むことでトレーニング効果も高くなります。縮めるだけでなく伸ばすところにも意識が必要となります。

例えば【太もも】でご紹介します。
太もも(大腿直筋)は股関節の所(起始)から膝下(停止)に付いています。膝下に停止部がありますので膝を曲げた時に筋肉が伸びて、膝を伸ばした時に筋肉が縮む動きをしています。つまり膝を伸ばす動作で力を発揮する筋肉なのです。

スクワットで考えると、膝を曲げて深くしゃがむ時に太ももは伸びて、膝を伸ばして身体を持ち上げる時に太ももは縮んでいるのです。つまり、スクワットはしっかりと深くかがんで立ち上がることで太もも(大腿直筋)をしっかりと鍛えることが出来るという事です。

また、筋肉が成長するのに必要なのは「ダメージを受ける事」です。筋肉がダメージを受けることで「次は負けないぞ」と回復し成長をしていくのです。そのため負荷をしっかりと筋肉に与えなくてはダメージを与えることはできません。その負荷が「重さ」なのか「回数」なのか「速さ」なのかはお客様の理想の身体によって異なります。

筋肉マニアでないとなかなか自分で勉強ってできないですよね。僕を含め筋肉マニアでもあるパーソナルトレーナーが指導していきますのでご安心ください!

さあ、小まめな水分補給で熱中症にならないように、今日も運動してみましょう!!

写真:
画像(1)


(中村)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。