筋トレBIG3(ビッグスリー)

フィットネス・エクササイズ2020年10月25日

こんにちは、ブログ担当の中村です。

今日は筋トレでよく使われる言葉の【BIG3(ビッグスリー)】について解説!
BIG3って聞いたことあるけど何だっけ???
そもそも聞いたこと無い。。。
などトレーニング行う上で知ってほしいことなので、解説をしていきますね!

BIG3とは?
トレーニング名だと、【ベンチプレス】【スクワット】【デットリフト】です。
筋肉の部位だと、【胸】【脚】【背中】です。

この【胸】と【脚】と【背中】は身体の中で大きな面積を占めています。
また、胸を鍛える【ベンチプレス】や脚の【スクワット】、背中の【デットリフト】は、フリーウエイトで行う種目のため、補助的にたくさんの筋肉を使うこととなり、結果的には全身の筋肉を鍛えることができる種目なのです。

例えば【ベンチプレス】の場合、胸の大胸筋はもちろん、肩の三角筋、腕の上腕三頭筋にも刺激が入ります。さらに姿勢を保つために体幹もしっかりと使います。

なのでトレーニング初心者の方は、このBIG3をまずは覚えましょう!と言われています。
しかし、いきなりフリーウエイトの種目は初心者には危険も伴うため、まずはマシンでこのBIG3と同じ効果をもつ種目をご紹介しています。

例えば、胸は【チェストプレス】、脚は【レッグプレス】、背中は【ラットプルダウン】です。まずはこの3種目をマスターしましょう!動きに慣れてきたらフリーウエイトに挑戦してみてください!もちろん、フォームが大切なのでまずはトレーナーと一緒に行うのが理想的です。

また、この3つの筋肉は面積が大きいため、トレーニングすると筋肉も大きく成長しやすい筋肉と言えます。全身の筋肉量が増えると脂肪を燃やす力も強くなりますので、有酸素運動による脂肪燃焼の効果も高くなると期待できます。

「痩せたい」と思っている方には、しっかりと筋肉をつけて、脂肪燃焼しやすい身体を手に入れることをオススメします!筋肉をつけて体脂肪を燃やした身体はリバウンドしにくくなり、体型をキープしやすくなります。ただ、筋肉は簡単につくものではありません。コツコツと努力する必要があります。「継続は力成り」という言葉がありますが、ダイエットにも同じことが言えそうですね。

筋肉を大きくしたい方も、ダイエットしたい方も、このBIG3をまずは覚えてしっかりとトレーニングしていきましょう!!

写真:
画像(1)


(中村)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。