クエン酸で疲労回復!!

食事・栄養・レシピ2020年10月21日

こんにちは!フロントスタッフの田永です。本日は「クエン酸」の効能について紹介させていただきます。

クエン酸はもともと、レモンなどの柑橘類やお酢に含んでいる酸味のある成分です。レモンを食べると酸っぱいと思わず口をすぼめてしまいますが、これはクエン酸によるものです。

クエン酸の一番の効能は「疲労回復促進」です。運動しエネルギーを消耗すると、身体には「乳酸」という疲労物質が発生します。例えば、上腕二頭筋のトレーニングをすると、腕が動かすことができなくなりますが、これは乳酸が腕全体に溜まっている状態です。クエン酸は、この乳酸を除去し、疲労や筋肉痛の軽減に役立ちます。

また、クエン酸はミネラルの吸収を促す「キレート作用」という効能があります。亜鉛やマグネシウム、鉄などには「美容作用」がありますが吸収されにくい成分です。クエン酸を一緒に摂取すること吸収効果を高めることができます。

1日の摂取量は2gですが、運動をしている方には5〜7g摂取していただくことがおすすめです。ちなみに、オアシスオリジナル商品「903チャージ」には、クエン酸が2包(20g)あたり7g含んでいます。

写真:
画像(1)

筋肉痛や疲労が抜けない方は、ぜひクエン酸をお試しください。


(田永)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。