地元へ帰ってバスケットボール!

店舗日誌2020年10月28日

1人でアメリカまでNBAを見に行くほど自他共に認めるバスケット好きの私。そんな私は、先日お休みを利用して地元へ帰ってバスケットボールをしました。最近涼しくなってきましたが、脱水症状にならないようにこまめに水分補給をしながらプレーしました。バスケットボールは素早い動きなかで激しい接触プレーもあるスポーツで、敏捷性や体の強さが問われます。体の強さはスクワット、ベンチプレス、デットリフト等の筋力トレーニングでしっかりと作り、敏捷性はラダー等のフットワークトレーニングで高めます。

筋力トレーニングの結果、接触プレーが前ほど苦手ではなくなり、今まで以上にアグレッシブにゴールへアタックするプレーができるようになりました!ジャンプ力向上!


(稲田)

画像(1):接触プレーに負けない脚腰をつくるためのスクワット
画像(2):3ポイントシュートが得意です!
※画像撮影者/二宮
写真:接触プレーに負けない脚腰をつくるためのスクワット 写真:3ポイントシュートが得意です!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。