松尾の"BABY"X-motion 〜ツタンカーメン編〜

店舗日誌2008年4月24日

最近は遅番が多く(昼過ぎからお店が閉まるまでの勤務)
"BABY" X−motion instructorと一緒にすごせます。
普段だと散歩に行くのですが最近は・・・・・

病院に。。。。

近所の小児形成外科に毎日のように通っています。先日の3針縫う怪我で。。。。

あのお父さんは毎日来てるけどちゃんと仕事してるのかな?というちょっと不思議な
視線を浴びつつ抱っこして連れて行きます。
病院が近づいてくるだけですでに梅干食べたみたいな泣き顔。ついたらついたで、
自分の番が来るのが怖いのか診察室のドアが開くたびに大号泣。

ついに順番

看護師さんご苦労様です。手早く拉致していただき、診察室へ。

そして、なれている看護師さん3名に囲まれBABY X-motion instructorは大号泣しな
がらも一瞬にして。。。。。

ツタンカーメンにされます。

うごいて暴れないようにバスタオルでぐるぐる巻きにされます。
その姿をみるとツタンカーメンしか思い浮かびません。

泣いている自分の子を見ながらそんな不謹慎な、、、、と思いつつちょっぴり面白
がっています。
手早く処置していただきツタンカーメン開放。

すぐに私の元にきて抱っこ要求。

かわいそうに・・・怖いんだよね。怪我したときも、診察されるときも。ごめんね。

でも、診察が終わるとシールがもらえるので泣き顔のままスマイルに変わります。
看護師さんたちも手馴れたものでいやな顔もせず、終わった後はかわいがってくれま
す。

BABY X-motion instructorは泣き顔でスマイルのまま看護師さんたちに「ばっばー
い。ばっばーい」と連呼してました。

それでは。

(画像)処置後の写真。さすがにツタンカーメンの図は撮れませんでした。
※撮影 松尾


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。