適度に水を飲みましょう!

健康2021年7月25日

まず結論から行きましょう、
『健康的な生活の為、水分補給をしましょう』

写真:水を飲む人
画像(1)水を飲む人

はい、皆様お久しぶりです、元気でお過ごしでしたでしょうか?
今回のテーマは熱中症:脱水と水分補給です。

熱中症という言葉、近年よく耳にいたしますが私、今回のブログ記事を書くまで
真夏に起きる症状だと思っていました、
それも含め、今回改めてブログで紹介したいと思います。
………………………………………
〇そもそも『熱中症』って?
人間の体は気温が高くなると汗をかくことによって熱を逃すことで体温を一定に保とうとします。
汗を大量にかきすぎると体内の水分や塩分が不足し脱水状態となり
熱中症の初期症状が現れ始めます。

〇初期症状
:大量の発汗
:めまい・立ちくらみ
:生あくび
:筋肉痛
:こむら返り
………………………………………
この熱中症、消防庁が発表した情報によれば
5〜9月の熱中症による救急搬送人数約5万人以上になるそうです

私、文字通り真夏にしか起きない症状だと思い込んでましたが、
いつのまにかもう熱中症の季節になっていたんですね。

さて、
この症状の予防にはやはり水分補給が必要です
効率のいい水分補給の目安といたしましては

:平常時の水分摂取に最適なのは、キンキンに冷えた水ではなく常温に近い温度の水
:1日のめやす摂取量は1.5L程度 (飲みすぎ注意)
:ゆっくり少量(150〜200mL)ずつ、7〜8回にわけてこまめに飲む
:特に体から水分が失われやすい次のタイミングでの補給を忘れずに!

写真:水を飲む人たち
画像(2)水を飲む人たち

6月は湿度の上昇だけではなく、気温も上がり始めます個人の体調に合わせて
健康的に過ごしていきましょう。


(坂本)

画像(1):水を飲む人
画像(2):水を飲む人たち
※画像撮影者/坂本
写真:水を飲む人 写真:水を飲む人たち

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。