せっかく遊ぶなら…

フィットネス・エクササイズ2020年8月8日

GW、皆様いかがお過ごしですか?私は例年通りどこかへ出掛けることもなく仕事の日以外は自宅でアニメ見たり漫画読んだり。あっあとトトトトトレーニングも、しししてますよ!(動揺)

どこかへ出掛けるにしても電車や道路も混んでるし、自宅や近所で遊ぶにももう飽きてしまったなんて方も多いと思います。そんな時は懐かしのあのゲームで楽しくフィットネスしてみてはいかがですか?
ジャンケンをしてグーで勝ったら3歩、チョキで勝ったら6歩、パーで勝ったら6歩というあのゲーム。それを、ぜひ階段で!

階段の昇り降りは、ウォーキングの2〜3倍、もしくはジョギングとだいたい同じくらいのの運動量だとかなんとか…。つま先だけ乗せてホイホイではなく、しっかり足の裏全体を使うこと。上体はやや前傾気味ででも背筋はピンと伸ばして行うこと。腕をしっかりふっておこなうこと。この3つを抑えたらバッチリです!3〜6歩じゃ足りないので…
グー→グミはコラーゲンたっぷりお肌ぷるぷる(19文字)
チョキ→チョコに含まれるカカオはかつて薬だったらしい(25文字)
パー→パイナップルは少しすっぱいよ(15文字)
なんていかがでしょうか?

階段を使うということは、すなわち脚の筋肉が使われるわけです!普段あまり運動してない友人が脚が太いことで悩んでいます。あくまで一例ですが、筋肉の衰えからくる脂肪や老廃物の貯蔵庫になっているという理由もそのひとつだと言われています。それでも、もっと太くなってしまうからとトレーニングを嫌がる方も多いですが負荷をかけすぎたり激しい運動をしない限り私のように人間離れした立派な太ももやふくらはぎになることはありませんよ!
引き締まった脚を作るためにも、階段の昇り降り程度の運動は日々実施していきましょう!


(天野)

画像(1):悪い例。猫背になってしまっていますね。(いつもの私の姿)
画像(2):楽しくじゃんけんをしましょう!
画像(3):良い例。背筋をピンと張って腕もふって。全身運動ですね!
※画像撮影者/松下
写真:悪い例。猫背になってしまっていますね。(いつもの私の姿) 写真:楽しくじゃんけんをしましょう! 写真:良い例。背筋をピンと張って腕もふって。全身運動ですね!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。