オリジナルグッツでトレーニング

マネージャーのヒトリゴト2020年7月6日

イベント参加人数

10名

お客様からのご要望の中で、ストレッチエリアにあるリセットポールやほぐしローラー、チューブなどの使用法を知りたい。という事がありましたので、ご要望にお応えし、5月25日(土)にオアシスオリジナルグッツを使うイベントを行いました。

今回は、パワーチューブを使用したイベントを開催いたしました。みなさんは、チューブを使用したトレーニングをしたことがありますか?チューブトレーニングはダンベルやマシンとは違い、重りで不可を与えるのではなくゴムの抵抗を不可としてトレーニングができるので、今まで筋トレを苦手としてきた方や初めてトレーニングをする方、女性や高齢の方にもおすすめのトレーニンググッズです。また、家にあってもコンパクトに収納できるので邪魔にもならないので非常に便利です。

写真:スタジオに置いているチューブとオリジナルグッツ!使用方法は同じです。
画像(3)スタジオに置いているチューブとオリジナルグッツ!使用方法は同じです。

今回のイベントでは、上半身を中心に腕や肩周辺、お腹まわりのトレーニングを行いました。夏は半そでやノースリーブの季節です。腕の露出が増え、二の腕が気になる季節。チューブトレーニングで二の腕の引き締めにチャレンジです。

写真:肘を引いてその肘を伸ばすと二の腕ノトレーニング
画像(1)肘を引いてその肘を伸ばすと二の腕ノトレーニング

次は肩周辺のトレーニング。肩周辺を刺激することで、血液のめぐりも良くなり、肩こりの予防や改善につながります。
写真:チューブの手元を重ね三角形を作って肘を高く持ち上げ、肩のトレーニング
画像(2)チューブの手元を重ね三角形を作って肘を高く持ち上げ、肩のトレーニング

チューブトレーニングは、重い不可を扱うわけではないので、身体が大きくなるという筋トレではなく、引き締めを中心としたトレーニングに非常に役に立ちます。また、チューブの長さを変えると抵抗感も変わり、負荷を上げたり、下げたりすることも簡単に調整ができるのもおすすめの一つです。

ぜひ、この夏トレーニングの一つにチューブトレーニングをプラスして引き締めBODYを手に入れましょう。


(建井)

画像(1):肘を引いてその肘を伸ばすと二の腕ノトレーニング
画像(2):チューブの手元を重ね三角形を作って肘を高く持ち上げ、肩のトレーニング
画像(3):スタジオに置いているチューブとオリジナルグッツ!使用方法は同じです。
※画像撮影者/建井
写真:肘を引いてその肘を伸ばすと二の腕ノトレーニング 写真:チューブの手元を重ね三角形を作って肘を高く持ち上げ、肩のトレーニング 写真:スタジオに置いているチューブとオリジナルグッツ!使用方法は同じです。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。