年間300日トレーニングへの道

フィットネス・エクササイズ2020年9月20日

昨年の7月から今月末までの1年間(365日)で300日トレーニングする事を目標に掲げました。内容は筋力トレーニングです。スクワットを中心とした「脚の日」、ベンチプレスやダンベルを使う「胸の日」、デッドリフトで特に注力した「背中の日」、そして小筋群にも目を向けた「腕・肩の日」と分けました。これらを順番を変えずローテーションで回し、6月末の時点で「285日」まで数字を伸ばす事が出来ました。

今回は、その特に注力したデッドリフトについてお話します。あるセミナーでご教授いただいたやり方なので、少し特殊な方法です。膝より下にバーを下げずに上半身に負荷を集中させます。スタートは僧帽筋上部、フィニッシュで広背筋にしっかりと効かせます。これをやると「体に厚みが出る」という助言の下、一年間このメニューをやり続けました。もちろん、負荷は当初より重くなっています。おかげで、「厚み」は確かに出たと思います。トレーニングは習慣化する事で継続しやすくなります。「300日」まで残りあとわずかですが、集中力を切らさずに目標達成に向けて全力で取り組みます!


(小林)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。