ランニングで大切な水分補給

フィットネス・エクササイズ2020年8月5日

先日、小金井公園でランニングを行いました。毎月1回ペースで橋本竜幸インストラクターとランニングが好きな会員様が集まり小金井公園を走っています。この夏の時期は暑いので早朝集合し、いつもより早めにスタートをきりました。前日の雨と太陽が隠れていたおかげで、朝8時にしては涼しく、走るには丁度良い気候でした。丁度良いといっても、夏なのでウォーミングアップの軽い運動でも汗が吹き出てきます。やはり夏の時期に走る場合は水分補給がとても重要になります。

まずはランニングを始める30分〜40分前位に水分補給します。ここでは飲みすぎに注意です。なぜなら飲みすぎてしまったり、勢いよく飲んでしまうと胃に負担がかかり、走っている最中にお腹が痛くなる原因となってしまう為です。

そこでのおすすめしたい飲み方としては、500mlのペットボトルを100mlずつ分けて、ゆっくり飲むことが大切です。ランニング中の水分補給のタイミングは、のどが渇いてからでは既に手遅れです。目安として30分に1回くらいのペースで飲んで下さい。あくまでも目安なので、走っている最中に体の様子がおかしいようであれば、すぐに水分補給が必要です。水分補給のタイミングがいかに上手く摂れるかによって、長距離を走れるか、走れないかに大きく影響してきます。

水分補給の大切さを理解し、私も長い距離を走れるようランニングを続けたいと思います。目標はフルマラソンです。皆様も私と一緒に目標を持って頑張りましょう!


(玉田)

画像(1):ランニング風景
※画像撮影者/玉田
写真:ランニング風景

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。