具体的な目標を立てよう!

フィットネス・エクササイズ2020年10月22日

皆様は、どんな目標を立ててトレーニングを行っていますか?私がトレーニングを本格的に始めたのは、学生時代にアメリカンフットボールを始めた時です。

練習中にタックルやパスワークを繰り返すスポーツのため、怪我をしやすいスポーツとも呼ばれています。その為、怪我予防の為に首、肩、腰のトレーニングを始めました。始めた頃は、ダンベルやバートレーニングをしても重くて全く上がらず、いつも同じ重さでコツコツとトレーニングをしていました。数ヵ月経つと、少しずつ上がる重さに慣れ、日に日にウエイトの量を重くする事が出来ました。

なぜかというと、常に目標を立ててトレーニングに励んでいたからです。アメリカンフットボールで怪我をしない為はもちろんですが、同時にレギュラー争いもあり、より他者に負けないパフォーマンス能力が必要でした。そこで私は「引退まで怪我をしない!レギュラーを勝ち取る!」という目標を掲げました。目標達成の為に、まず私がした事は「輝いている自分」を想像する事です。「輝いている自分」を想像する事でモチベーションを高め、身体に似合ったトレーニングメニューを作成し、正しい食事の管理、ストレッチなどのボディケアを意識する事が出来ました。その結果、レギュラー争いに勝つことが出来ました!さらに、引退するまで怪我をすることなく、レギュラーで居続ける事が出来、見事目標を達成する事が出来ました

皆様も2年後、3年後の自分を想像していただき、目標を立ててトレーニングして頂けると明日からトレーニングに対しての考え方が180度変わるはずです。私は目標を持つことはとても大事なことだと思います。ご飯を美味しく食べる為、健康維持の為、皆様がそれぞれに目標があると思いますが何か具体的な目標を立て、行動する事によって絶対に目標は達成できます。


(川野)

画像(1):目標の為に下半身トレーニング!
画像(2):有酸素トレーニングも欠かさず行います!
画像(3):僕の最初の目標です!
※画像撮影者/山田
写真:目標の為に下半身トレーニング! 写真:有酸素トレーニングも欠かさず行います! 写真:僕の最初の目標です!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。