梅干で予防!

フィットネス・エクササイズ2020年10月24日

いよいよ夏本番!いろいろなイベントやお出かけの予定がある方も多いと思います。私も、よさこいシーズンが到来して、毎日が楽しみです。しかし、楽しいことと引き換えに、連日の猛暑で熱中症が心配されます。私もよさこいで炎天下の中、暑い衣装を着て長いときで15分ほど踊り続けることもあり、熱中症が非常に心配です。

熱中症とは気温が高い状態が長く続き、発汗して身体の中の水分や塩分が失われてしまい、また湿度が高いと汗が蒸発せずに、身体に熱がこもったままの状態になった結果、体の中の熱が放出されなくなってしまった状態です。熱中症対策には、のどが渇くまえにこまめに水分を補給することが一番といわれていますが、ただ水を飲んでも失われた塩分が補給できません。よさこい祭り会場では、踊った後に出演者には給水所が用意されていて、水分を補給させてくれるのですが、ほとんどがお水です。もちろんそれだけでも大変ありがたいのですが、夏中しっかり踊り続けるために今年私が目をつけたのが『梅干』です。

梅干には疲労回復に働くクエン酸だけでなく、糖質、塩分、ミネラルのそれぞれが含まれています。汗で失われた塩分やミネラルを補え、エネルギー源にもなる糖質もあり、熱中症を予防することに役立つ栄養成分が複数揃っている食品が「梅干」なのです。(ただ、梅干の種類によって栄養素の量や種類は異なります。)

今はコンビニなどで手軽に持ち運びが出来る梅干がたくさん売られていますので、とても便利だと思います。熱中症対策グッズはたくさんありますが、昔からある食品を見直して、暑い夏を楽しく乗り切りたいと思います!


(福澤)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。