姿勢改善、キレイな背中を目指して

フィットネス・エクササイズ2021年7月19日

こんにちは、スタッフ兼トレーナーの後藤です。

写真:
画像(1)

皆さんは、運動やトレーニング、日常生活の中で意識的に行っている事はありますか?ちなみにそれはなんですか?
どんな競技やトレーニングにもそれに適したフォームがありますよね。となると、日常生活に適したフォーム?が存在するのではないでしょうか?もしあるとすればそれは・・・
「姿勢」にあるかもしれません!

皆さんは立っているとき、座っているとき、歩いているとき、「姿勢」を意識していますか?おそらくほとんどの方が意識できていないのではないでしょうか。実際自分も意識的にできているかと言われると、できていないと思います・・・。
そもそも良い姿勢とは何でしょう?

姿勢にはいくつか種類があります。まずはそれを紹介して、自分がどれに当てはまるか考えてみましょう。

1、猫背・・・背骨の丸みが強く、肩が前に入り、首も前に出ている状態
2、フラットバック(平背)・・・頭から背中、お尻と湾曲がほとんどなくまっすぐな状態
3、反り腰・・・骨盤が大きく前傾しており、胸椎の湾曲が大きい。
4、スウェイバック・・・骨盤が後傾で、腰お尻が肩より前に出ており、頭も前に出でている状態
5、良い姿勢・・・左右の偏りがなく、重心が安定している状態

さて皆さんはどれが当てはまりましたか?それぞれの骨格や生活の癖などによって体は変わってきます。当然、トレーニング等によって体を今よりもいい方向にもっていくことができます。姿勢を良くする事で、様々な体の不調を改善するきっかけにもなるかもしれません。今よりもキレイに、カッコよくなりたいですよね?お任せください!

今回は私、後藤が皆さんに是非おススメしたい「新しいトレーニング」を紹介します!

写真:
画像(2)

〇クラブリーチ〇
効果はヒップアップ、猫背(巻き肩)改善、ピンと伸びた背筋(姿勢)を作る、です。
ポイントはお尻を高く上げること。

写真:
画像(3)

〇スコーピオンリーチ〇
効果は骨盤の歪み改善、反り腰改善、脚痩せ、体幹やウエストの引き締めです。
ポイントは脚を高く上げること。

2つポーズとポイントを紹介しましたが、この他にももっと注意するポイントがあります。
細かいポイントがあるのでそこを意識して動かさないと最大限に効果がでません。
一つ一つは動物(アニマル)の動きや姿を表現しており、一個の形だけで完結するものではありません。全てに流れ(フロー)があります。イメージするならダンスのような?静と動が合わさり、エクササイズよりもパフォーマンスに近いものも感じます。
一見するとシンプルで練習すれば誰にでも真似できそうなポーズかと思いますが、実はフォーム等、意識すべき所がたくさんあり、非常に奥の深いものになっています。
詳細が気になる!是非やってみたい!興味がもてた!という方は後藤にお声かけ下さい!そして自分のものにしませんか?そうすればカラダが変わってくるのを実感できるはずです。
新しいムーブメントを取り入れて、他の人にも差を付けちゃいましょう!


(清水)
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。