筋肉お名前講座その2

フィットネス・エクササイズ2021年11月21日

皆さん前回の筋肉講座はいかがでしたでしょうか?早速今回も紹介するので是非覚えて、トレーニングの際に意識して行ってみてください。

「第二回筋肉講義」

今回紹介するのは「腕の筋肉」です!
腕は肩から手首までを指します。ただ今回は肩の筋肉は除き、上腕、前腕の紹介をします。
肩の筋肉はまた後日紹介しますので、その際は是非合わせて見ていただければと思います。

写真:
画像(1)

ではそれぞれの場所と機能について紹介します。

「上腕二頭筋」・・・肘を曲げた時に出る筋肉で、力こぶとも呼ばれています。重い物を持ち上げたりする際に使われる筋肉です。二頭筋と呼ばれている通り、「長頭・短頭」という二つの筋肉で構成されています。

「上腕三頭筋」・・・腕を伸ばした際に出る筋肉で、二の腕とも呼ばれています。主に物を投げたりする際に使われる筋肉です。三頭筋と呼ばれている通り、「長頭・内側頭・外側頭」という三つの筋肉で構成されています。

「前腕筋」・・・手首から肘辺りまでの筋肉で、手首を曲げたり捻ったり、手を握ったりする際に使われる筋肉です。前腕はたくさんの筋肉で構成されています。意外と忘れがちな部位ですが、いろんな動きに関わっている部分になります。

次はそれらを効率的に鍛えるトレーニングを紹介します。

上腕二頭筋・・・アームカール(ダンベル・ケーブル)

上腕三頭筋・・・プレスダウン・リバースプッシュアップ・トライセップスエクステンション

前腕筋・・・ハンマーカール・リストカール

写真:
画像(3)

腕の筋肉は胸や背中などと比べると小さな筋肉です。トレーニング初心者の方は体の中でも大きな筋肉である、胸、背中、足などを鍛える事をおススメします。胸や背中を鍛える際に共働筋として腕も一緒に鍛えられています。
胸のトレーニング(ベンチプレスなど)では上腕三頭筋が、背中のトレーニング(ラットプルダウンなど)では上腕二頭筋がそれぞれ共働筋として働きます。ただ、腕もしっかり鍛えたい方は是非上記のトレーニングを取り入れてみてください。
男性も女性もしっかり意識して、たくましい腕、引き締まった腕、なりたい体づくりをしていきましょう!


(清水)
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。