充実感たっぷりランニングサークル

店舗イベント2011年12月23日

ランニングを行う時に皆様はどこに意識してランニングを行っていますか?いかに効率よく速く走って、ランニングの時間を長くするためにはフォームを改善するという方法が一番だと思います。自分に合った走り方をいかに追及するか、というのがランニングの醍醐味です。

さて、武蔵小金井店にて毎週土曜日に実施しているランニングサークルについてお話します。いつも安全で楽しくをテーマに行ってきましたが、この活動にも慣れたお客様から「ある程度専門的なトレーニングをしたい」という要望を頂いたので今回からはテーマに載せて行うことにしました。今回のテーマは「足の動き」です。ご参加頂いたメンバーは元々ランニングをしていた方やこれから始めたい方やウォーキングからしてみたい方など様々です。しかし、会員様からの要望で共通して言えることが一つだけあります。それは「効率よく楽に速く走る(歩く)にはどうしたらいいのか?」とのことです。安全で楽しくランニングとウォーキングをするために普段の走り(歩き)を見させていただきました。すると2つのパターンに分かれていました。

それは足の動きが(膝)が外側に行きながら前に出す人と内側に行きながら出す人の2パターンです。当り前ですが、前に進むということは身体全部がまっすぐに移動しないと効率よく進みません。膝が外側に向いている人は一件足が出ているような感覚が起きますが地面に設置時に対して前に進めようとして外側にある膝を内側にしようとするねじる動作が生まれすごく無駄の多い動作になります。反対に内側に向いている人は一件設置のときにすごく前に進めようという感覚あるかと思いますが足を前に出す動作がすごく小さくなります。そうなると一歩一歩の動作がすごく小さくなってしまいます。是非機会があれば意識的に内股歩きをしてみてください。普段歩く動作より足が前に出づらいはずです。

以上を踏まえて会員様皆様に自分の足の動きというものを動きながら理解してもらいました。それがわかった上で実際に自分の感覚で足(膝)をまっすぐに出す走りや歩きを自分のペースで実施して頂きました。この2つを一定の区間ごとに分けてやりました。これをしたことで前に進む感覚が全然違うという方々がたくさんいました。すごくシンプルなトレーニングだったのでみなさん楽しく行って頂けました。今回は少し専門的な動きをやりましたが、まずは安全で楽しく行うことが重要かと思います。


(金廣)

画像(1):ご参加頂いた皆様と一枚
画像(2):簡単にご案内中
画像(3):実際に私が動いて行います。
※画像撮影者/土屋
写真:ご参加頂いた皆様と一枚 写真:簡単にご案内中 写真:実際に私が動いて行います。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。