震災復興支援

Charities(VILLAGE)2020年10月21日

東日本大震災から3年が経過しました。ここにあらためて被災された方々に哀悼の意を表しご冥福をお祈りいたしますとともに、まだ尚被災されてご苦労されいらっしゃる皆様にお見舞いを申し上げます。

3月11日には間に合いませんでしたが、武蔵小金井店では被災地の生産食品や小物の販売支援協力を本日より開始いたしました。小さな支援になりますが、被災地へ行かなくても違う方法でも支援ができることを皆様にも感じていただきたく実施いたしました。

写真:被災地の障害者の方々が作成してくれてます。
画像(1)被災地の障害者の方々が作成してくれてます。
写真:被災地を耕した畑で取れた菜種で作った菜種油
画像(2)被災地を耕した畑で取れた菜種で作った菜種油
写真:小さな支援の積み重ねですね。
画像(3)小さな支援の積み重ねですね。
お1人お1人の支援の力は小さくとも継続していくことが大切なんだと思います。気持ちがあればいつでも、どこでも始められます。一歩前へ踏み出そう。この輪が全店に広がること夢見て、これからも活動をして参ります。


(ヤマザキ)

画像(1):被災地の障害者の方々が作成してくれてます。
画像(2):被災地を耕した畑で取れた菜種で作った菜種油
画像(3):小さな支援の積み重ねですね。
※画像撮影者/山崎
写真:被災地の障害者の方々が作成してくれてます。 写真:被災地を耕した畑で取れた菜種で作った菜種油 写真:小さな支援の積み重ねですね。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。