トレーニングにはモチベーションと頻度

店舗日誌2020年8月8日

朝晩だいぶ涼しくなってきました。体調管理の難しい季節ですが、暑かった夏に比べれば過ごしやすいですね。私の体調管理は私自身のモチベーションを高めることで常に前向きに行動することです!その高める方法とは、なんと言ってもプロレス観戦です!

先日、後楽園ホールへプロレス観戦に行ってきました。後楽園ホールは、リングと座席の距離が非常に近いのが特徴です。メインの試合では、すぐ目の前まで選手が来るなど、私のモチベーションはマックスに!後楽園ホールはプロレス界では「聖地」と呼ばれる所です。その聖地の一端を垣間見たような気がします。笑いあり、涙あり、改めてプロレスの良さを再認識しました。

私はそんなプロレスラーの体躯に憧れ、日々トレーニングを重ねています。特にこの数年はトレーニングの“頻度”にこだわってきました。頻度が多いと、各部位別にセパレートしてトレーニングでき、かつ1回のトレーニング時間を短時間で集中して行えます。私の例を申し上げますと、「脚→胸→背中→腕・肩」と、この4日間をローテーションで回しています。

昨年度は、年間で314日行ったので、今年度の目標は350日です。現在、9月で半年を終え、176日です。ペースとしてはぎりぎりですが、プロレスでモチベーションを上げ、何とか達成したいと思います!皆様もトレーニングを行う際に“頻度”も意識してトレーニングしてみてください!


(小林)

画像(1):会場前
画像(2):試合前
画像(3):フィナーレ
※画像撮影者/小林
写真:会場前 写真:試合前 写真:フィナーレ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。