これで肝機能を高めよう

店舗日誌2017年1月21日

こんにちは。ターゲットボディプラスの米川です。年末年始で暴飲暴食が続き体がだるくなったり、重くなっている方はいらっしゃいませんか?そんな時は肝機能が低下している場合が多くあります。
肝機能が低下すると疲れやすい、食欲がない、吐き気、眠気が起こる可能性が非常に高く、このような状態ではお仕事や家事にも支障が出てきてしまいます。今回はそんな方の為に肝機能を高める方法をお伝えしていきます。

それは肝臓と関連している2つの筋肉をトレーニングすることです。その筋肉とは1大胸筋と2菱形筋(肩甲骨の内側あたりの筋肉)です。この2つの筋肉と肝臓が神経的に繋がっているのでトレーニングすることにより肝機能を高めることができます。
では具体的な方法をお伝えします。
1.大胸筋を鍛える方法⇒腕立て伏せ 15回×3セット
(15回が難しい方は膝をついて行っても良いです)

写真:
画像(1)

2.菱形筋(肩甲骨の内側あたりの筋肉)⇒肩甲骨を寄せる運動 30回程度

私自身も肝機能が低下している時には上記の運動を行っています。これを行うことで疲れやすさも改善されるのを実感しています。体がだるくなったり、重くなっていると感じた方は肝機能が低下している可能性があるので、是非この2種目を意識してトレーニングしてみてください。
ご不明な点やご質問があればターゲットボディプラス(加圧スタジオ)にお問い合わせください。

米川


(米川)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。