紅葉をちょっと深く考える

店舗日誌2020年10月21日

紅葉っていいですよね!その素晴らしい眺望に人々は魅力を感じますが
すぐに散ってしまう・・・そんなはかなさにも趣深いものを感じてしまいます。
写真は私が北海道に行った時の映像ですが、今は見頃も南下してきています。
秋ならではの楽しみがすぐそこまでやってきていますよ!!

ではなぜ葉は散ってしまうのか、考えた事はありますか?
温暖で水分に困らないことが樹木にとって理想的な状態です。
しかし、寒かったり乾燥したりする時期があると葉を維持するのが難しいわけです。
だったら枯らして捨ててしまおう。暖かくなったら新しい葉を生やせばいいや!
というのが木の習性・・・・・・賢すぎます☆
紅葉は葉が落ちる前の最後の過程なんです。

それだけではないです!
落下した葉は時間の経過とともに腐食します。
それが土の肥料として使われ、その土の栄養分をエネルギーに木は育つのです。
邪魔だったから落下させたはずの葉が、見事なサイクルで樹木自らのエネルギーに還元されているんです。
自然おそるべし・・・!!!!

食欲の秋だから食べ過ぎてしまった・・・。
といって食事を制限している人も多いのではないですか?
無理な減量は不健康なので絶対に止めてくださいね!
仮に脂肪が蓄積したとしても、運動をして自らのエネルギーに還元してしまえばいいんです。
運動の継続こそ健康的な脂肪の活用法なんですね。
きちんとしたトレーニングを続ければ食事制限という無理も必要ないんですよ。

人間も木も似た者同士。
余計なものを自らのエネルギーに還元することで、強く生きていけるんです!!

・・・ちょっと深く考えすぎたような(笑)

(池田)

画像(1)北海道、道南地域の大沼公園と駒ケ岳
画像(2)絵になる美しさ!!
※画像撮影者/池田


()
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。