オススメの品々”夏編”

食事・栄養・レシピ2021年8月22日

皆さんこんにちは、清水です。8月も終わりに近づきましたが、まだまだ暑い日が続きそうですね。突然の雨で夜は日中よりも気温が下がったり、ムシムシと寝苦しかったり、体調を崩してはいませんでしょうか?

写真:
画像(1)

さて、暑くなるとどうしても冷たいものや、あっさりしていて簡単に食べられるようなものが増えてきませんか?うどん、そば、そうめんなど、アイスクリームやジュース。そうした偏った食事が続くとやはり栄養バランスを崩し、体力の低下にも繋がります。
体に必要な栄養素の代表として糖質、脂質、たんぱく質を挙げることができます。
なかでも糖質や脂質は比較的摂りやすい栄養素ではありますが偏ってしまうのはよくありませんよね。
夏場特に注意したいのは、「たんぱく質」の不足です。
「たんぱく質」は筋肉はもちろん、ツメや髪の毛、肌などカラダを作る原料となるものです。
体はエネルギーが不足すると筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとする働きがあり、この現象をカタボリックといいます。そうすると筋肉量の低下により、代謝低下による夏太りや冷え性。さらには疲れやすくなり、夏バテも進行しやすくなります。免疫も低下しやすいので、夏風邪になる可能性もあります。
今の季節に限った事ではありませんが、普段の食事からたんぱく質はやはり足りていない方が多い印象があります。
そんな不足しがちなたんぱく質を夏でもおいしく摂取できるおすすめの品をご紹介します♪是非これからの食事に加えてみてください。

薄切り豚肉で冷しゃぶ・・・豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれており、糖質をエネルギーに変える働きを持っています。野菜も一緒に摂れるのも魅力ですね。

ひき肉を入れた麻婆豆腐・・・唐辛子の辛味成分(カプサイシン)で汗をかきやすく代謝アップ!さらに食欲も増進させる効果があります。ごはんと合わせると止まりませんね!特に辛い物が好きな方にはおススメです。

写真:
画像(2)

とりささみ、胸肉を使ったバンバンジー・・・ささみ、トリ胸肉は脂質が少なくたんぱく質が豊富でおすすめ!ビタミンA.B群も含まれており、疲労回復効果も期待できます。

写真:
画像(3)

そして今回のピックアップは「カツオのたたき」です!!

写真:
画像(4)

カツオは、低脂質でたんぱく質も豊富に含まれています。さらにビタミンAやD、さらにはB群も豊富で、必須アミノ酸のバリンも含まれており、筋肉の強化や疲労回復にも効果があります。
さらに薬味(付け合わせ)で野菜を多く摂れるので食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富に摂る事が可能です。
玉ねぎ、大葉、ミョウガ、ショウガ、万能ねぎ、ニンニクなど、バリエーションにとんだ野菜をその一品摂る事ができるのは魅力ですね。あとはポン酢につけて食べることで、ポン酢のクエン酸効果でさらに疲労回復が期待できます。

今回は、夏におススメの品を紹介しましたがいかがだったでしょうか?カツオはトレーニングをされている方にもおススメできる食材かと思いますので、チェックしてみてください♪


(清水)
写真: 写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。