体のケアをしましょう!

健康2020年10月21日

こんにちは。今回は体のケアについての話をしようと思います。

運動をするうえで怪我はつきものと言っても過言ではありません。皆さんの中にも、“体の一部分を痛めたのに他のところも痛むようになった”、“古傷が今も痛む”といった経験、もしくは悩みを抱えている方がいるのではないでしょうか。

私自身も、陸上競技をやっていた頃に左足首の靭帯を損傷する怪我をしたのが原因で、体のあちこちに痛みが出るようになってしまいました。そのため、運動をするにあたって自分の体と向き合う時間を増やすようにしています。
 
例えば、怪我をして弱くなってしまった部分のトレーニング。怪我をするとその部分の筋肉が弱ってしまうので、その部分を意識してできるトレーニングを行っていきます。私の場合はバランスディスク等を使って左足首のトレーニングをしたりしています。
 
また、ランニングやウォーキング等をすると無意識のうちに怪我をしている部分を庇ってしまい、反対側に負荷がかかりやすくなります。そういった体のバランスの乱れが原因で他の箇所に痛みが出てしまうことがあるので、そうなる前にアイシングやストレッチでしっかりとケアをしていくことも大事。たまにペアストレッチで、自分では伸ばすのが難しいところを伸ばしてもらったり、それと同時に体の歪みをチェックしてもらうのもいいですね。

このように怪我と上手に向き合って、これからも楽しく体を動かしていきましょう!


(大藤)

画像(1):ペアストレッチです
※画像撮影者/長島
写真:ペアストレッチです

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。