怪我の予防にストレッチ

健康2020年10月28日

秋になり、運動を快適に行いやすいシーズンとなりました。動きやすくなるシーズンだからこそ怪我には注意しなければなりません。そこで今回は運動前に重要なストレッチの効果についてお話したいと思います。

運動不足になると体の動かす幅が少しずつ小さくなっていきます。つまり手や足など、関節の動く範囲が狭くなってしまいます。これは靭帯や筋肉の伸縮性が失われている証拠です。その状態から急激に運動を行うと肉離れや足首の捻挫をおこしやすくなります。

ストレッチはゆっくりと呼吸をしながら、筋肉やスジを伸ばすものです。これにより全身への酸素の供給が良くなり血液の流れが良くなります。血液の流れが良いと疲れが早く回復するし、冷え性の改善にも繋がります。また、ストレッチをすることにより可動域を少しずつ広げることで、怪我の予防になります。

美容と健康には、血液の流れがとても大切です。ストレッチが血液を循環させるポンプの役目を果たします。私もチアリーディングの練習があった日の夜は、寝る前に入念にストレッチをするようにしています。そうすることで翌日に疲れが残りにくく、筋肉痛も防いでくれます。皆さんもまずは寝る前の5分間からストレッチを行い、心地良い眠りについてみませんか?


(菊池)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。