冷え対策&免疫力の向上のススメ

健康2021年4月18日

こんにちは。フィットネススタッフの岡村です。
連日猛暑日が続いていますが、皆さまお元気でしょうか。
これだけ気温が上がれば冷房に頼らざるをえません。
そうなると冷房特有の身体の「冷え」に悩む方もいるのではないでしょうか。
また自覚なく「冷え」ていることもあります。これが厄介です。
「冷え」は免疫機能の低下につながるので、免疫の低下を知らずに放置していることになります。
今回は「冷え」を解消し、免疫力の維持向上に役立つ方法を2つお伝えします。

1.お風呂(半身浴・足湯)
冷え対策には湯船につかることが有効です。
ぬるめのお風呂(38〜40℃)にゆっくりとつかる半身浴や、
バスタブやバケツにお湯をはり、そこに足をつける足湯などが
冷房による冷えの解消におすすめです。
「夏場のお風呂は手軽にシャワーですます」という方も無自覚の「冷え」を
防ぐためにも週1〜2回やってみましょう。
お湯に浸かった部分以外にも温かさを感じ、汗がにじみだすころには
身体全体の血流、リンパの流れがよくなり免疫があがります。

そしてお風呂の最中またはお風呂上りに
次に紹介する足首回しをプラスするとその効果はさらにあがります。

2.足首回し

写真:
画像(1)
セッティング

脚を組みます。
組んだ側の手で内くるぶしと外くるぶしを押さえます。
反対側の手の指を足趾の間に通し握ります。
足首を同じ方向に回します(10〜20回)。逆方向も同じだけ回します。

そうしたらストレッチを入れます(10〜20秒)。

写真:
画像(2)
すねのストレッチ 足の甲とすねを離す
写真:
画像(3)
ふくらはぎのストレッチ かかとを突き出すように足首を深く曲げる

ここまでを1サイクルとし、できれば5サイクルやりましょう。
サイクルを重ねるごとに足首がどんどんまわり出します。
膝から下の筋肉がほぐれ、血流、リンパの流れが良くなります。

いかがでしょうか。
今回は冷えの改善、免疫向上の視点でお風呂&足首回しを紹介しましたが、
二つの組み合わせは夏場に多いこむら返りの予防にも効果的です。
またむくみ解消による痩身・美脚効果、代謝UPによるシェイプアップ効果など
幅広く活用できます。
ぜひお試しください。


(岡村)
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。