GroupKickのクールダウン

MOSSA2020年10月28日

脂肪燃焼・運動不足解消・持久力向上などなど格闘技系エクササイズであるGroup Kickので得られる運動効果は様々です。キックやパンチを繰り出し、皆様と共に声を出す!この爽快感はたまらない!まさにストレス発散にもってこい!そんなアクティブなレッスンでありながら、今回はGroup Kickのクールダウンについての話をご紹介します。

パンチやキックを行ってレッスンを楽しんだ後、背中側の筋肉に“動いた感”つまり疲労を感じたことはありませんか。身体の前側に繰り出すパンチやキックでは主に身体の前面の筋肉を使って繰り出すイメージをもたれる方は非常に多いです。にもかかわらず、なぜか背面に感じるこの疲労感。いったいなぜなのでしょうか。

手や足を前方に動かす場合は身体の前側の筋肉がアクセル。背中側の筋肉は繰り出した手や足が飛んでいかないようにするブレーキ的な役割を担っています。プロボクサー腹筋の引き締まりはさることながら背中の筋肉も素晴らしく出来上がっているのはその為でもあります。

爽快に楽しんだ後はクールダウンし、身体の前面も背面も使ったことを意識して入念にストレッチを行いましょう。爽快なレッスンと爽快な毎日のため、ストレッチを今日も欠かさずに!


(茅野)

画像(1):大殿筋を伸ばしています
画像(2):膝蹴り時のブレーキ的な筋を伸ばせます
※画像撮影者/長島
写真:大殿筋を伸ばしています 写真:膝蹴り時のブレーキ的な筋を伸ばせます

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。