3月20日は…

店舗日誌2019年12月10日

1週間以上前の話になりますが3月20日、地下鉄サリン事件から15年が経ちました。
私は15年前に東京に住んでいませんでしたし、東京にいる知り合いが事件に巻き込まれたということもありませんでした。
でも災害時の対応を学ぶ授業で度々事件の資料を見たり、現場の1つとなった築地駅が聖路加店からとても近い距離にあることからこの事件について自分なりに勉強をしています。
事件で使われたサリンは殺傷能力が非常に高い化学兵器の1つでした。

ユダヤ人を迫害したことで有名なナチスもこの兵器を保有していたことで有名です。
そのような物質が、私たちが何気なく利用している朝の地下鉄で散布された時の人々の衝撃の大きさは計り知れません。
医療機関でも人々が異常な状態を引き起こしている原因が何なのか、暗中模索の状態が続いていたようです。
今事件を起した人は判明し、然るべき対処がされていますが、身体的な後遺症や心に負った傷がいまだ残っている人は数多くいます。

戦争やテロ、貧困など私たちが反省・改善すべき歴史はたくさんありますが、多くの人が犠牲になったこのような事件がもう2度と起こることのないようただただ祈るばかりです。


(小林)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。