トレーナーインタビュー #2

店舗日誌2021年4月20日

トレーナーインタビューの第2回は、ヨガインストラクター兼パーソナルトレーナーの麻琴(まこと)さんです。今回のインタビューでは、麻琴さんのこの仕事に対する思いやお客様に伝えていきたい思いを語っていただきました。ぜひご一読ください。

--麻琴さんがこの仕事をはじめるきっかけは?--

大学卒業後、大手メーカーへ就職しました。多忙な部署で深夜から早朝までの勤務や休日勤務も多く、業務に対して達成感はあったものの、休養がとれず、趣味のダンスなども続けられなくなっていました。

心身ともにストレスを抱え、休職することもありましたが、ヨガや臨床心理の先生、医師、他にも良い出会いがたくさんあり、自ら心理学や精神医学、脳科学や人間科学等の勉強をするきっかけとなり、考え方が変わっていきました。

まずは働き方を変えようと強く決意しました。夜通しの勤務をしないことはもちろん、自分にとってのやりがいを重視したことでより充実感が増しました。何より休みをしっかり取れるようになり、趣味やヨガの時間も取れるようになりました。さらにパーソナルトレーニングを受け、身体の細かい使い方の大切さを実感する機会にもなりました。働き方、生き方そのものを見直したことで、自分の心身も大きく変わっていきました。

その後ヨガをより深めたいと思うようになりヨガスクールに通い続けるうちに、講師の勧めもありヨガインストラクターになることを決め、10年余り勤めた会社を退職しました。さらに、歴史あるヨガの教えはもちろん大切にしていますが、パーソナルトレーニングの重要性を実感していたこともあり、学術的な理解を深めることで多くの方にとってより安心安全で効果的なヨガ指導を目指したいと考え、生理学や機能解剖学、運動力学を取り入れたパーソナルトレーナーの資格を取りました。
考え方を変えたことで、仕事への向き合い方が変わり、業務と自分のための時間のバランスも調整しやすくなりました。休養に加え、趣味や勉強や運動の時間、食事も大切です。

写真:麻琴インストラクター
画像(1)麻琴インストラクター
写真:趣味の踊り
画像(2)趣味の踊り

--以前、麻琴さんが抱えていた悩みは、多くの働く女性が抱えていると思います。--

仕事などで忙しくなってしまうと自分を大事にすることを忘れがちになってしまいます。
自分をケアすることが、自身の幸せにつながり、自分だけでなく自分の家族や周りの人たちにも良い影響を与えられると思います。

--今後、麻琴さんがレッスンやセッションを通じてお客様にどのようなことを伝えたいですか?--

お客様が幸せになるために、仕事と休養、運動や食事のバランスやそれら含めた生活リズムを整えることの大切さをレッスンやセッションを通じて一つひとつ丁寧に伝えていきたいと思っています。

もう一点、私は学生の頃から、探究心が旺盛で勉強したり分析をしていくことが得意分野です。受け売りの内容ではなく、自分なりの経験や分析を踏まえ理解を深めることで、安心安全でより効果的なグループレッスン、パーソナルセッションを体感していただきたいと思っています。

大勢のグループレッスンは仲間がいることでモチベーションも上がりやすく、継続のきっかけにもなるでしょう。加えてパーソナルセッションでは、よりお客様自身の理解が深まり、姿勢や細かい身体の使い方の改善につながります。腰痛膝痛等、身体に痛みや違和感を感じる方はその解消に、姿勢や身体の動かし方が良くなると、ボディメイクのご要望やヨガその他運動のパフォーマンス向上にも役立ちます。

このブログを読んでいただいた方で、生活習慣を見直したい方はもちろん、丁寧な身体の使い方を身につけたい方も、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

写真:宮古島のビーチでヨガ
画像(3)宮古島のビーチでヨガ


(山賀)

画像(1):麻琴インストラクター
画像(2):趣味の踊り
画像(3):宮古島のビーチでヨガ
※画像撮影者/麻琴
写真:麻琴インストラクター 写真:趣味の踊り 写真:宮古島のビーチでヨガ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。