ポールを使ったコア運動の効果

フィットネス・エクササイズ2021年1月24日

今回は寒さで体が縮こまってしまいがちなこの時季にオススメのコア(体幹)運動についてご紹介します。オアシスでもポールを使ったコアリラックスというレッスンを行っていますが、こうしたコア運動には姿勢に関するいくつかの効果があります。

今回は特に「肩こり」についてご紹介します。肩こりには原因がいくつかあります。一つ大きな要因として挙げられるのは不良姿勢です。一般的に理想的な姿勢というのは人を横から見たときに耳の穴と肩、足の付け根の部分が一直線上に並んだ状態とされています。しかし、姿勢が悪くなると耳(頭)が肩よりも前に出てしまい、頭を支えようとする肩まわりの筋肉が緊張してしまいます。この時、胸の筋肉は緊張して硬くなり、背中は丸まって所謂猫背の状態に近くなります。

コアリラックスのレッスンでは円柱状またはカマボコ型の「ポール」という器具を使ってレッスンを行っていきます。このポールの上に仰向けに寝て身体を少し動かしていくのですがポールに乗っているだけでも自然と胸が開き緩められます。正しい姿勢に身体が近づくと肩から首にかけてかかっていた負荷が少なくなるので肩こりの解消につながるというわけです。かたまっていた胸の筋肉をレッスンで緩めて、弱くなっていた背中の筋肉をラットマシンなどで鍛えていくと非常に効果的です。
その他にもポールでのコアト運動は肩周りの筋肉にはたらきかける動きもありますので肩がこる方、姿勢が気になる方はぜひお試しください。レッスンの時はもちろん、ご自身でもポールを使うことを習慣にして、胸を開いた姿勢を根付かせることによって、肩こりになりにくい体にしていくことができますよ。


(柴田)

画像(1):カマボコ型のポールです
画像(2):4階のフィットネスエリアには、レッスンの内容を写真つきで紹介しています。ぜひお手に取ってみてください。
※画像撮影者/柴田
写真:カマボコ型のポールです 写真:4階のフィットネスエリアには、レッスンの内容を写真つきで紹介しています。ぜひお手に取ってみてください。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。