そいやっさ!

フィットネス・エクササイズ2020年8月5日

私は、よさこいソーランを15年間踊っています。
そこで最近気づいたことは、一回の演舞でどんなにたくさん踊っても筋肉痛にならない事、そして一緒に踊るメンバーが訴えていた膝痛、腰痛が踊り始めてから治っていったということです。
40 肩、50肩のメンバーは一人もいません。
それにはいくつかの理由があります。

運動するとすぐ筋肉痛になってしまう方、体が心配で激しい運動をすることが出来ないと悩んでいる方に私が踊っているよさこいソーランを例にアドバイスをお伝えできたらと思います。

では理由についてお話しします。
一つ目は、姿勢です。
踊る時、姿勢が悪いと体幹がぶれてしまって一曲を踊りきる事が出来ません。
私は、体のバランスを整えるため、柔軟性をあげるために筋力をつける準備運動をしてから踊り始めます。
それを繰り返していると、膝や腰が痛くなくなり5曲でも10曲でも踊り続けることが出来るようになります。
そして、踊り込みをすることで心肺機能も高まり持久力も上げることができます。

二つ目は大きな声と笑顔です。
よさこいソーランでは笑顔が一番重要なことになります。
笑顔は伝染します。
踊っていて苦しくなったら大きな声をだし、ステージでもお互いにアイコンタクトと笑顔を交わしあいます。
それを見ていたお客様も笑顔になります。
私たちはその笑顔のためにもっと踊りを見ていただきたくなります。
自分一人だけではなく、たくさんの人に向けて踊るので小さい子から身体の動かせる方ならどなたでも楽しく踊れるのだと思います。

そして最後は、見て頂く踊りだと意識することです。
よさこいソーランは見て頂く踊りなので自分がどんなにかっこよく見えているかイメージして踊ります。
そしてその踊りを見ている方がノリノリになって喜んでくださる姿を見ることが出来ます。
自分の心が最高の喜びに変わります。
自分が素敵に見られていることを人の目を通して感じることが出来るからです。

私はよさこいソーランを選んでいますが、人それぞれお好きなダンスやエクササイズ、トレーニングがあると思います。
私自身が大好きなものを通して気づき、感じたことをみなさんのお好きなものに生かしていただければ嬉しいです。
必ずご自身の目指していることが可能になると思います。

ダンスも筋力トレーニングもダイエットも楽しくやってみて下さい。
カッコイイ自分をイメージしてみて下さい。
少しづつ少しづつの変化にも達成感を感じてみて下さい。
必ず思っていたスタイルになれますし、楽しくてしょうがなくなるので痛みなんでどこかにいってしまいますよ。

今運動をしてお悩みの方、これから運動を本格的に始めようと思っている方、ぜひ運動をする楽しさを忘れずに頑張ってみて下さい。


(扇久保)

画像(1):よさこいソーランの様子です。
※画像撮影者/扇久保
写真:よさこいソーランの様子です。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。