視覚による癒しの効果

健康2020年10月28日

8月に入り、外の気温が以前にも増して上がってきましたね…。
熱中症対策はできていますか?水分補給をするだけでなく、きちんとした食事を摂る事・体を冷やしすぎない事も大切ですよ。

さて、夏と言えば…花火ですよね!!
先日は家族で葛飾納涼花火大会に行ってきました!
枝豆を食べながら麦茶を飲み、ひたすら写真を撮っていました。

葛飾の花火大会は、毎年たくさんの人が集まります。地元の人以外にも地方からお越しになる方もいます。

花火大火に行ったのは、7年ぶりでしたのでとても癒されました…。

そんな今日は「綺麗なもの・景色を見た時の心理効果」についてお話したいと思います。

疲労が溜まった時は、公園に行ってぼーっと黄昏たり電車で少し遠くまでお出かけをしてふらふらと旅をしたり。
実際に行動に移せなくても「自然の力に頼りたいな。」と思うときってありませんか?
私はよくあります。写真を撮りに行くついでに癒されています。

実は「自然・綺麗な景色・美しいもの」を見ると、疲労回復に効果があるんだそうです。
決して気のせいではなく、本当に心が癒されているんだそうです。

さらに自己制御能力が高まりますので、「仕事がはかどらないなあ」なんて人には特に!自然を見て癒されてほしいなと思います。

写真を撮る事が大好きなので、1人旅をよくします。
行く先々で、自然に癒され、自分の好きな事をして、疲労回復させているのに
たくさん歩きすぎで結局帰りの電車はヘロヘロです(笑)

夏休みシーズンですから、旅行などに行かれる方も多いかと思います。
来館時にぜひ、夏の思い出をお聞かせください。
おすすめの撮影スポットを知っている人はぜひ教えて下さいね!


(霜田)

画像(1):花火、とてもきれいでした。
画像(2):フィナーレがとてもきれいでした。
※画像撮影者/霜田
写真:花火、とてもきれいでした。 写真:フィナーレがとてもきれいでした。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。