ストレッチの種類

フィットネス・エクササイズ2020年10月28日

皆さまお元気でしょうか。4月になったのに暖かくなったり、寒くなったりと気温差が高い日々が続いていますが、体調は崩していませんか?
前回のコラムでもお話しさせていただきましたが、皆さまウォーミングアップは実施していますか?今回は第2弾として『ストレッチの種類』についてお話させて頂きます。
ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、ストレッチにもいろいろな種類があり、大きく分けて3種類ございます。
1スタティックストレッチ(静的ストレッチ)
2ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)
3ペアストレッチ

1は一般的なストレッチです。オアシスのストレッチエリアのDVDや写真で紹介しているようなストレッチで、反動をつけずに静かに行うものです。
2は動作を伴ったストレッチです。イメージ的には『ラジオ体操』、全身を動かしながらストレッチをかけていくので筋肉に加え関節部分の準備運動にもなります。
3はパートナーに行ってもらうストレッチです。自身では伸ばしきれない部位や完全脱力状態でのストレッチです。
ちなみに理想を言わせてもらいますと、ウォーミングアップ時はダイナミックストレッチで行い、クーリングダウン時にはスタティックストレッチ、柔軟性向上やリラクセーションを得たい方はペアストレッチが最適ですので、トレーナーに施してもらいましょう。
2で紹介した『ラジオ体操』はできないですので、ウォーミングアップ時はDVDを参考に『立位』で行うストレッチを、クーリングダウン時は『座位』で行うストレッチを参考にして下さい。それと呼吸を忘れないようにしてください。
ではまた次回のコラムでお会いしましょう!


(田中)

画像(1):ペアストレッチ1
画像(2):ペアストレッチ2
画像(3):ペアストレッチ3
※画像撮影者/田中
写真:ペアストレッチ1 写真:ペアストレッチ2 写真:ペアストレッチ3

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。