赤筋・白筋について

フィットネス・エクササイズ2015年2月9日

最近雪が降ったりと、寒い日が続いていますがエアコンやヒーターに頼りすぎてはいませんか?自分自身が常に暖かければ究極の省エネになります!皆様どんな人が暖かい(体温の高い)人だと思いますか?脂肪が多くて身体が大きく、汗っかきな人と考える方も多いと思います。そんなことはありません。実際に身体を温めるのは脂肪ではなく筋肉です。筋肉量が増えれば基礎代謝も高くなり身体はポカポカしますよ。なかなか筋肉が増えずに困っている方はいらっしゃいませんか?そんな方はトレーニングの負荷(重量)が少ないのかもしれません。
そこで重要なのが「赤筋」と「白筋」。皆様聞いたことございますか?お刺身でも赤色の魚と、白色の魚がありますね。実は人間の筋肉にも『赤』と『白』の筋肉が存在します。『赤』:マグロ・イワシのように少しの力で長時間活動する。『白』:ヒラメ・キスのように大きな力で短時間活動する。では、『赤』と『白』の両方の筋肉にアプローチする?
いいえ!筋肉の量を増やすには「白筋」を使用しないと増えないのです。故にアプローチすべきは『白』の筋肉!ここで、上記したトレーニング負荷を思い出してください。この負荷を大きな負荷にすることによって大きな力を発揮する「白筋」が鍛えられるのです。小さい負荷だと「赤筋」を使用し、大きい負荷だと「白筋」を使用する。ざっくりですがこれを「サイズの原理」といいます。この原理では一回に行える限界の80%程度の力でトレーニングするのが良いとされています。皆様筋肉を増やす方法はご理解頂けたでしょうか?それでは皆様、早速OASIS南大沢で実践してポカポカな冬を手に入れましょう!


(藤野)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。