大きなストロークで泳げるように!

フィットネス・エクササイズ2020年12月3日

こんにちは。オアシス南大沢24Plusスタッフの柳澤です。
本日は水泳の「ショルダータッチクロール」という練習法について紹介します。

クロールを泳ぐときに、回している手(指)を入水の前に肩に一度タッチしてから入水します。
この時、身体が左右にブレたり、回してない方の腕が沈まないように注意しながら行います。

クロールを楽に泳ぐには、大きく肩を回し手を遠くに入水させると良いとされています。
しかし、肘が高く上がらないので手を遠くに入水出来ない、回し方が分からないなどのお悩みがある方は、このショルダータッチクロールをすることで、自然に肘が高く上がり大きく肩を使う感覚が感じられたり、水の中でバランスをとる練習にもなります。
是非お試しください!!


(柳澤)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。