スイムフェスタへの取り組み

スイムフェスタ(首都)2013年10月20日

こんにちは、谷本です。11月3日の文化の日に行われるスイムフェスタのための練習を、私自身行っております。私は50メートルバタフライと25メートルビート板キックに出場する予定です。この2種目で良い結果を出すために、日々、練習に励んでおります。

ここで僭越ながら、スイムフェスタに向けた、私の取り組みを紹介させていただきます。オアシスでの勤務後にプールで大体2,000から3,000メートルを泳いでいます。

写真:バタフライの練習
画像(1)バタフライの練習
写真:バタフライの練習2
画像(2)バタフライの練習2

練習メニューはキック練習が中心です。なぜならば、水泳の短距離種目はキックが大切だからです。一方で、プールで泳ぐだけでなく、陸上でのトレーニングも行っています。例えば、腹筋や背筋で体幹を鍛えることでブレのない安定した泳ぎができるように、また、身体のストレッチをすることで肩や足首の可動域を広げ、より大きな泳ぎができるように心掛けています。

皆さんに私が特にオススメしたいことは、泳ぐ前の筋力トレーニングとストレッチです。筋力トレーニング後に泳ぐことで、脂肪燃焼効果がより高まりますし、泳ぐ前にストレッチをすることでケガの予防、そして何よりも泳ぎやすくなります。もし、普段あまりこれらのことをされない方々は、是非、一度お試しいただければと思います。

私自身、スイムフェスタにエントリーしてから、気づいたことがあります。それは「目標ができるとモチベーションが上がり、トレーニングにさらに一生懸命になれる」ということです。オアシスでトレーニングされている皆様の中で、なかなかモチベーションが上がらない方は今一度、目標を立ててみてはいかがでしょうか。


(谷本)

画像(1):バタフライの練習
画像(2):バタフライの練習2
※画像撮影者/安斉
写真:バタフライの練習 写真:バタフライの練習2

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。