必要な水分補給できていますか

健康2021年7月18日

こんにちは。
オアシス横須賀店フロントスタッフの永森です。

梅雨も明けて、一気に気温も上がってきましたね。

普段の運動中も皆さんは意識的に水分補給をされているかと思いますが、これからの時期ますます水分補給が大事になってきます。

そこで今回は運動時の水分補給についてご紹介させて頂きます。

水分補給が大事ということは皆さんもよく聞くと思いますが、皆さんはどれくらい大事かを知っていますか?
もし知らないことがありましたら、ぜひこの機会に覚えてみてください!

まず、運動を始める前に300mlほど水分を取っておくことで、運動を始めた直後の発汗による水分不足を防ぐことができます。
運動の最中は100〜200mlを15〜20分間隔で、のどが渇いたと感じる前に行うと良いです。

飲む物の種類については単純な水だけでは水中毒などをおこしてしまうので、スポーツドリンクや経口補水液などの塩分の含まれた飲み物または、水+塩分を摂取出来る物の方がいいです。
塩分を摂取できるものについては、水100mlに対し0.1〜0.2グラムの割合が最も効果が高く体にもいいとされています。

これはなかなかマニアックですが、スポーツドリンクは2種類ある事をご存じでしょうか?

2つの違いは糖分や塩分の浸透圧に関係しており、1つは一般的な体液や血液の濃度よりも低く設定されている「ハイポトニック飲料」と、もう1つは同じくらいに設定されている「アイソトニック飲料」の2つです。

ハイポトニック飲料は、糖質が低いことからお腹にたまりにくいので運動中に飲むのが適しています。
アイソトニック飲料は、糖質を多く摂取出来るため運動後に飲むのが適しています。
ただしこちらに関しては、飲み過ぎによるカロリーオーバーに注意する必要があります。

飲み物の温度は、5℃〜15℃がいいとされています。
体温に近い温度の方が良いと聞いたことがあるという方もいるかも知れませんが、運動時は体温の上昇を抑えるためにも自分の体温よりも、低めの飲み物を飲む方が良いのです!

また、低すぎにも注意する必要があります。
冷たすぎる飲み物は消化器官へ負担をかけてしまい、かえって水分の吸収効率が下がってしまうことになります。

さらにプールで泳ぐ人は、温水であろうと水に体温が奪われていくので、そこまで水を冷やす必要はないのです。

いかがだったでしょうか?
これからの時期、汗もかきやすくなり脱水症状にもなりやすくなってしまうので、ぜひ少しでも今回の内容を参考に運動していただければと思います!

写真:
画像(1)


(永森)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。