インナーマッスルの重要性

フィットネス・エクササイズ2020年10月27日

いやぁ、最近暑いですね!もう夏も本番です。夏といったら、やっぱり海ですよねぇ。男女それぞれ、これまで頑張って作ってきた体で夏を思いっきり満喫したいはず!
でも実は、体を鍛えあげるという意味は2種類あるというのはご存じでしたか?
一つは外見からでも分かる。大胸筋、腹筋等のアウターマッスル。もう一つは体の深幹部分にあるインナーマッスルを鍛えること。

今日は主に下半身のインナーマッスルを鍛えるコアトレーニングをご紹介致します。
ご存じの方もいらっしゃいますでしょうが、このインナーマッスル、腸腰筋(ちょうようきん)・梨状筋(りじょうきん)・大腿方形筋(だいたいほうけいきん)等を鍛えると、腰痛・腰のはり・骨盤の歪みを改善する正しい姿勢をもっていくのにとても大切なものです。 これを無視して外側の腹直筋・背筋だけを鍛えてしまうと、逆に症状を悪化させてしまうため、とても危険と言えます。ですので、腰痛等でお悩みの方は、まずインナーを鍛え、それから外側の筋肉を鍛えていくと良いでしょう。

又、コアトレーニングをすることで、自身の神経・集中力 が鍛えられ。アウターマッスルを鍛えている時も正しいフォームでトレーニングできます。
もう夏なので、つい見た目に気をとられがちですが、インナーマッスルを鍛えるということも忘れないでください。


(フィットネススタッフ/千葉)

画像(1):腸腰筋を鍛えるコアトレ
画像(2):利状筋のコアトレ
画像(3):大腿方形筋のコアトレ
※画像撮影者/千葉家の者
写真:腸腰筋を鍛えるコアトレ 写真:利状筋のコアトレ 写真:大腿方形筋のコアトレ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。