楽しんで泳ぐレッスン!

店舗イベント2020年10月27日

港北店3周年イベントとして8月1日に「アスレチックスイム」を開催しました。特別スケジュールが発表されてから、どんなレッスンなのか疑問の声をよく耳にしました。それもそのはず、オアシス初のレッスンです。

泳法レッスンと言えば、泳ぎを「巧く」「楽に」泳ぐといったことに重点を置いていますが、今回のアスレチックスイムでは「皆で」「楽しく」遊ぶといったことに重点を置きました。

普段の泳法レッスンでは、コースロープを使ってコースを分けていますが、今回のレッスンはアクアレッスンのようにコースロープを外しました。泳法レッスンしか参加したことがない方も新鮮だったと思います。

使用した道具は小ビート板、ヌードル、投げ輪、浮き島です。ビート板と言えばキック練習のイメージが強いです。しかし、片腕に当てることで、水を掻く時の抵抗を大きくすることができ、筋力アップの効果が期待できます。勿論、普通の大きさでは重過ぎるので小さいビート板を使います。

次にヌードル。ぐねぐね曲がる水に浮く棒です。
これはキッズが遊具として使っていることが多いですが、アクアパーソナルや私が担当しているプライベートスイムでも使用することがあります。背泳ぎをしたくても顔に水がかかってしまう、沈んでしまうといった悩みを解消できます。今回も、背面浮き初体験の方でも25mキックすることができていました。下向きキックばかりしていると筋肉が偏ってくることもあります。上向き(背面)キックをすることでバランスの良い身体づくりができます。

・・・と、ここまでは普段の泳法レッスンでもできそうな内容を行いました。

後半は、小学生時代に戻ってもらいました。

投げ輪をコースの至るところに沈めました。近くに沈んでいる投げ輪を拾っていただくゲームです。1つ獲るのも一苦労ですが、5つもゲットしていた方もいらっしゃいました。

最後は浮き島を使って3チームに分かれ、キックリレーを行いました。
普段使っているビート板と違い、体の大きさ程もある板なのでビックリされたかもしれません。
板上に乗ると、体が水面より上に浮き、抵抗を最低限に抑えることができますが、その状態でのキックが初体験の方が多く、キック自慢の皆さんでも大変だったことと思います。

競泳選手は、少しでも身体を水の上に浮かせて、抵抗を最小限に抑えようとしています。
水の上まで上体を持ってくることは大変なことですが、腰を浮かせることは皆さんでもできることです。日頃から「けのび」の意識をされている方は、キックをしながらでも体幹の意識をしていきましょう。


(本島)

画像(1):参加記念撮影
画像(2):普段は使わないヌードル
画像(3):レッスン風景
※画像撮影者/齋藤
写真:参加記念撮影 写真:普段は使わないヌードル 写真:レッスン風景

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。