北海道のとうもろこし

マネージャーのヒトリゴト2010年9月13日

先日、この時期各デパートなどで開催している北海道物産展に行って来ました。

場所は池袋西武7階で「北海道うまいもの会」として開催され、北海道の人気店やラーメン・スイーツ・名物弁当など90店舗近いお店が出店していました。

今回一番の目的はうに・いくら丼を食べに行くことでした。
お昼少し前11時頃到着し、函館のいくら亭というお店を目指しました。

彩り鮮やかで、いくらがふんだんに使われて少しリッチな気分を味わえました。お店を出る頃には行列も出来ていて、一足早く来て良かった!と実感しました。

しかしながら今回一番の発見は、北海道のとうもろこしでした。
通常黄色のとうもろこしですが、期間限定の「真珠もろこし」でした。
北海道の日高・いぶり地区で栽培されているそうです。9月から数週間限定で収穫・出荷しているそうです。今回店頭でも真珠のような白い輝きと呼ばれだけあって、お店に置いてあっても白さに目をひかれました。(画像1)

粒の皮の薄さから生のままでも食べられると言われていますが、今回はキッチンペーパーに巻いて、電子レンジで温めてから食べてみました。(画像2)
とにかく印象は「甘い」という感じでした。

期間限定になりますが、野菜嫌いの方もとうもろこしが好きな方も食物繊維を摂取し健康な体づくりの為、良かったら一度食べてみてはいかがでしょうか?


(末永)

画像(1):店頭で見かけた白いとうもろこし
画像(2):いただきます!
※画像撮影者/末永
写真:店頭で見かけた白いとうもろこし 写真:いただきます!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。