筋トレ初心者が苦労すること

店舗日誌2020年10月22日

こんにちは、フィットネススタッフの小林陸央です。
僕が体作りのためにトレーニングを始めたのは3ケ月前でした。きっかけはただたくましい体になってもてたいという理由からでした(笑)。トレーニングをする人全員に何かしらの理由があると思いますが、どんな理由からでも、新しいことを始めるのはワクワクしますね!
今回書かせていただくのは「筋トレ初心者が苦労すること」です。
最初にやり始めたのはベンチプレスでした。触ったことすらなく、どのくらい上がるか試してみたところ、30キロを上げるので精一杯でした。自分の体重をあげることくらいならできるのかなと浅はかに考えていたのでショックをうけました。しかし悔しさ以上に楽しさを覚えました。体を鍛えるってこんなに楽しいのかと感動しました。
ベンチプレスもただウエイトを持ち上げるというわけでなく、「持ち上げる角度」「降ろす位置」「身体の使い方」等、非常に奥が深いです。
2ヶ月ほどで自分なりに知識を付け55キロまで上がるようになったのですが、無意識のうちに肘の向きを間違え、肩を痛めてしまいました。奥が深いだけに少しの間違いで怪我をする場合もあるのでただ重量を上げれば良いというわけではないということを学びました。それからはベンチプレスに限らず正しいフォームを固めて、丁寧にトレーニングをするよう心がけました。
トレーニングの知識が多ければ多いほど、効率よく筋肉量を増やすことが出来るというのは分かってはいましたが、身を持って感じることが出来ました。
トレーニングを初めたいけど何から始めたらいいのかわからないという方や、不安な方はやり方を調べて見たり、聞いたりするのもいいと思います。知識が増えて行くと、よりトレーニングが楽しく感じます!ここまで成長が目に見えることも珍しいと思うので、なにか新しい事をはじめたいなと考えている方はぜひ筋トレ始めましょう!


(小林)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。